病院はいつもいつまでもあなたの健康を守っています

Hospital

つらい症状

花粉症もアレルギー性鼻炎です

スギ花粉が飛び出すと、多くの人が花粉症を発症してしまいますが、花粉症もアレルギー性鼻炎です。この場合のアレルギーの原因物質は、スギ花粉ということになります。そして、アレルギーの原因物質のことをアレルゲンと呼んでいます。 アレルギーは、免疫反応が過剰に起こった状態のことで、アレルゲンと抗体が反応することから始まります。 アレルゲンに反応する抗体は、肥満細胞表面に付いているIgE抗体で、このIgE抗体がアレルゲンと結合すると、肥満細胞からヒスタミンが放出されることになるのです。 ヒスタミンは、粘膜等を走っている毛細血管の透過性を亢進させ、充血が起こり、やがて浮腫が起こることになります。 そして、この反応が鼻粘膜で起こったものをアレルギー性鼻炎と呼ぶのです。

アレルゲンを調べてみましょう

アレルギー性鼻炎が疑われたら、まずは耳鼻咽喉科に行って、アレルゲンを調べてみましょう。アレルゲンにはスギ花粉だけではなく、ヒノキ花粉やブタクサ花粉等もあるのです。また植物の花粉だけではなく、ハウスダストや動物のフケ等がアレルゲンになっていることも考えられるのです。 アレルギー性鼻炎の治療については、対症療法として抗ヒスタミン薬が処方されますが、根本的に治療するためには、減感作療法等の特別な治療法が必要になります。 また、アレルゲンを知ることで、そのアレルゲンを体内に入れない工夫ができますからとても重要なことなのです。 さらに、腸内フローラを整えることでアレルギー性鼻炎を改善する効果があると言われていますから、乳酸菌を摂取することも大切です。